不動産投資で住宅ローン

5年前に新築分譲マンションを購入しました。6年前から住宅ローンの返済を投資信託の分配金で補填しています。現在の住宅ローンと管理費の合計は、約11万円です。投資信託は、海外REITです。間接的な不動産投資となります。現物の不動産投資と異なってリートは、不動産を債権化して小額の投資金額からはじめることができるのでとても魅力的です。6年前からボーナスのたびにこつこつ追加投資をして、現在の毎月の分配金は12万円です。ローンと管理費の合計を超すことができました。住宅費はリートの分配金で支払っている構図になるので、事実上自己負担感覚はありません。リターンの利率が表面利率が20%なので、現実には元本を食いつぶしている形になりますが、毎月の分配金の収入に助けられています。今のマンションは住み始めて5年が経過しますが、とても気に入っています。ひとり暮らしで73平米の居住面積なので、とてもゆったりと生活ができています。5年前にマンションを購入した時期は、今にも消費税が増税されるようなムードがありました。しかしリーマンショックの影響で増税雰囲気が消し去り今に至っています。来年、さ来年と消費税が増税される見込みです。5年前に住居を購入したことは、結果論ですが大正解と思っています。とても良質な物件を購入することができました。現在のマンション市況は、資材高に加えて人手不足で人件費が高騰しています。それに加えて消費税増税目前の駆け込み需要で、割高な買いものになってしまいます。とても人気にあるマンションに住んでいます。もし転勤になっても購入価格とほぼ同額で売却できるのが、とてもありがたいです。今はせっせと貯金をして老後の資金を準備しているところです。はやくローンを完済してゆとりある老後を目指しているところです。今の目標は、60歳までにローンを完済して現金を一億円貯金することです。今の給料や退職金を加味して残り13年で5000万貯めることができたら、目標が達成できます。